ページ内を移動するためのショートカット

毎日を快適に送るためにMS患者さんのためのリハビリテーション

柔軟性が低下している方へ柔軟体操を行いましょう

多発性硬化症では、手足に筋肉の突っ張りが出現することがあります。
突っ張っていることで、動きが阻害されたり関節が硬くなったりすることがあるため、体を柔らかくする「柔軟体操」を入念に行いましょう。

柔軟体操のポイント
  • 痛みを伴わない範囲で、ゆっくりと時間をかけて筋肉を伸ばしましょう。
  • 反動をつけずに伸ばすようにしましょう。
  • 力まず、息を止めないことが大切です。

動画を見ながらリハビリ

柔軟体操を動画に合わせて行いましょう!

【動画再生時間:12分26秒】

動画を再生する

イラストを見ながらリハビリ

柔軟体操を項目別に分け、わかりやすいイラストとともに解説しています。
以下の項目をクリックして、リハビリを始めましょう!

1腕の上下運動

腕の上下運動〔上下10秒ずつ×3回〕

  1. 1イスに座り、まずは両腕を前から上げて胸を反らし、10秒間伸ばします。

    円を描くように前から上げる※(10秒)
  2. 2今度は背中を伸ばしたまま、上げた両腕を床まで下げて10秒間伸ばします。

    下げる※ (10秒)

12で1回とし、これを3回行いましょう。

※:痛みを伴わない無理のない範囲で

2腕を後ろに伸ばす

腕を後ろに伸ばす〔30秒×1回〕

イスに座り、両手を後ろで組んで、両腕を30秒間伸ばします。

後ろに伸ばす(30秒)
3腕を横に伸ばす

腕を横に伸ばす〔左右30秒ずつ×1回〕

  1. 1まずは左腕を右側に伸ばし、それを右腕で支えながら、30秒間伸ばします。

    左腕を右側に伸ばす※(30秒)
  2. 2今度は、右腕を左側に伸ばし、30秒間伸ばします

    右腕を左側に伸ばす※(30秒)

※:痛みを伴わない無理のない範囲で

4指を伸ばす

指を伸ばす〔30秒×1回〕

両手を組んだ後、手のひらを外側に向けて、指を30秒間伸ばします。

手のひらを外側に伸ばす(30秒)
5体をねじる

体をねじる〔左右30秒ずつ×1回〕

  1. 1イスに座った状態でまずは体を右側にねじり、胸を右側に向けたまま、30秒間止めます。

    右側にねじる※(30秒)
  2. 2今度は体を左側にねじったまま、30秒間止めます。

    左側にねじる※(30秒)

※:痛みを伴わない無理のない範囲で

6体を伸ばす

体を伸ばす〔30秒×1回〕

ベッドや床に足を伸ばして座り、つま先をつかむように体を前に倒しながら、体を30秒間伸ばします

つま先をつかむように※(30秒)

※:痛みを伴わない無理のない範囲で

  • 体の力を抜き、リラックスしながら重力に身を任せ、体と手の重みで伸ばそう!
  • 膝(ひざ)が曲がらないように注意!
7足を広げながら体を伸ばす

足を広げながら体を伸ばす〔30秒×1回〕

ベッドや床に座った状態で両足を広げ、体を床につけるように前に倒しながら、体を30秒間伸ばします。

体を床につけるように※(30秒)

※:痛みを伴わない無理のない範囲で

  • 体の力を抜き、リラックスしながら重力に身を任せ、体と手の重みで伸ばそう!
  • 膝(ひざ)が曲がらないように注意!
  • つま先は上に向けたまま!
8ふくらはぎ、ももの筋肉を伸ばす

ふくらはぎ、ももの筋肉を伸ばす〔30秒×1回〕

立った状態でイスやテーブル、手すりなどにつかまりながら、その場でしゃがみ、ふくらはぎやももの筋肉を30秒間伸ばします。

ふくらはぎ、ももの筋肉を伸ばす(30秒)

バランスがうまく取れなかったり、後ろに倒れそうな危険を感じたら、無理をせず中止すること!

印刷用PDFを開く(柔軟体操:8項目)

運動は自分のペースで、回数や時間にこだわらず、
疲れを感じたら無理をせずに終了してください!