ページ内を移動するためのショートカット

毎日を快適に送るためにMS患者さんのためのリハビリテーション

筋力が低下している方へ筋力トレーニングを行いましょう

多発性硬化症では、身体機能の低下を防ぎ維持するためにも、「筋力トレーニング」は欠かせません。
しかし、やり過ぎるとかえって逆効果になりかねないため、注意点を意識しながら、筋力トレーニングを行うことが大切です。

筋力トレーニングを行う際の注意点
  • 運動や体温上昇により、神経伝達障害が生じる可能性があります。
  • 力の弱い筋肉に過度の負荷をかけた場合は、疲労がその他の部位にも影響し、全身的な疲労感を感じる可能性もあります。
  • しびれや痛みの増強など、感覚障害への悪影響が出現する可能性もあります。
  • まずは軽めの負荷量で行い、疲れが出現する前に適度に休息を入れることが大切です。

動画を見ながらリハビリ

筋力トレーニングを動画に合わせて行いましょう!

【動画再生時間:20分56秒】

動画を再生する

イラストを見ながらリハビリ

筋力トレーニングを項目別に分け、わかりやすいイラストとともに解説しています。
以下の項目をクリックして、リハビリを始めましょう!

1肩を上げる筋肉

肩を上げる筋肉〔10回〕

  1. 1立った姿勢で、まずは両腕を前から円を描くように、5秒かけてゆっくりと上げていきます

    立った姿勢 → 円を描くように前から上げる※(全5秒)
  2. 2今度は、上げた両腕を5秒かけてゆっくりと下げ、最初の位置に戻します。

    下げる → 最初の位置に戻す(全5秒)

12で1回とし、これを10回行いましょう。

※:痛みを伴わない無理のない範囲で

2肩の外の筋肉

肩の外の筋肉〔10回〕

  1. 1立った姿勢で、まずは両腕を横から円を描くように、5秒かけてゆっくりと上げていきます

    立った姿勢 → 円を描くように横から上げる※(全5秒)
  2. 2今度は、上げた両腕を5秒かけてゆっくりと下げ、最初の位置に戻します。

    下げる → 最初の位置に戻す(全5秒)

12で1回とし、これを10回行いましょう。

※:痛みを伴わない無理のない範囲で

3ももの筋肉

ももの筋肉〔10回〕

  1. 1立った姿勢でイスやテーブルなどに手をつきながら、まずは両膝(ひざ)を5秒かけてゆっくりと軽く曲げていきます。

    軽く曲げる程度(5秒)
  2. 2今度は、曲げた両膝を5秒かけてゆっくりと伸ばし、最初の位置に戻します。

    最初の位置に戻す(5秒)

12で1回とし、これを10回行いましょう。

転倒の危険性があるため、必ずイスやテーブルなどに手をついて行うこと!

4ももの後ろの筋肉

ももの後ろの筋肉〔10回×左右の足〕

  1. 1立った姿勢でイスやテーブルなどに手をつきながら、まずは片方の足のかかとを5秒かけてゆっくりとお尻に近づけていきます。

    お尻に近づける(5秒)
  2. 2今度は、かかとを5秒かけてゆっくりと下げ、最初の位置に戻します。

    最初の位置に戻す(5秒)

12で1回とし、これを10回行いましょう。終わったら、反対側の足でも同様に10回行いましょう。

  • 転倒の危険性があるため、必ずイスやテーブルなどに手をついて行うこと!
  • お尻にかかとを近づける際は、膝(ひざ)が前に出ないように!
5お腹の筋肉

お腹の筋肉〔10回〕

イスに浅く座り、背もたれに寄りかかります。その状態から体を前に丸めるようにして倒し、腹筋運動を行います。これを自分のペースで10回行いましょう。

浅く座る → 体を丸めるように倒す
6手の筋肉

手の筋肉〔20回〕

両腕を胸の高さまで水平に上げたまま、最初は両手を“パー”となるように開き、次は“グー”となるように握ります。これを20回行いましょう。

パー → グー
7股関節の付け根の筋肉

股関節の付け根の筋肉〔10回×左右の足〕

  1. 1イスに座り、まずは片方の足のももを5秒かけてゆっくりと上げます。

    上げる(5秒)
  2. 2今度は、上げたももを5秒かけてゆっくりと下げ、最初の位置に戻します。

    最初の位置に戻す(5秒)

12で1回とし、これを10回行いましょう。終わったら、反対側の足でも同様に10回行いましょう。

  • ももを上げたとき、体が後ろに反り返らないように!
  • どうしても体が後ろに倒れてしまう場合は、背もたれに寄りかかった状態で行うこと!

印刷用PDFを開く(筋力トレーニング:7項目)

運動は自分のペースで、回数や秒数にこだわらず、
疲れを感じたら無理をせずに終了してください!