1. HOME
  2. 多発性硬化症(MS)とは
  3. MSはこんな病気です

MSはこんな病気です | 多発性硬化症(MS)とは

どんな病気?

脳や脊髄、視神経のあちらこちらに病巣ができ、症状が「再発」したり「寛解」したりを繰り返す病気です

多発性硬化症は、脳や脊髄、視神経のあちらこちらに病巣ができ、様々な症状が現れる病気です。MSになると多くの場合、症状が出る「再発」と、症状が治まる「寛解」を繰り返します。

なお、多発性硬化症は英語で“Multiple(多発する)Sclerosis(硬化)”といい、その頭文字をとって“MS(エムエス)”と呼ばれています。MSは厚生労働省が指定する「特定疾患」の1つです。

病巣のできる場所
脳、脊髄、視神経のあちらこちらにできる
症状の起こり方
多くの場合、「再発」と「寛解」を繰り返す
症状が出る=再発(新たな症状が出る、既存の症状が悪化する) 症状が治まる=寛解

何が起きているの?

MSでは、神経細胞の軸索を覆っている「ミエリン」が障害(脱髄)されます

正常時は、脳の情報の伝達はスムーズ

通常、脳の情報は、神経細胞を介して、体全体へと伝えられています。神経細胞の一部分が突起のように長く伸び、脳の情報を伝える“電線”のような働きをするのが軸索です。また、軸索は「ミエリン」という“電線のカバー”のようなもので覆われていて、このミエリンがあるおかげで、脳の情報をスムーズに伝えることができるのです。

何らかの原因で、ミエリンが障害(脱髄)

しかし、MSでは、ミエリンが何らかの原因で障害され、軸索がむき出しになっています。このように、ミエリンが障害されることを「脱髄」といいます。脱髄が起きた神経では、情報がスムーズに伝わらなくなるため、様々な症状が現れます。

原因は?

「リンパ球」が何らかのきっかけでミエリンを障害(脱髄)させ、MSが起きます ―きっかけは未だ不明―

MSでミエリンが障害(脱髄)される原因として、「自己免疫」が関係していると考えられています。自己免疫とは、通常、ウイルスや細菌などの外敵と戦って自分の体を守るために働いてくれる「リンパ球」が、誤って自分の細胞を攻撃することです。

MSでは、この「リンパ球」が何らかのきっかけでミエリンを障害(脱随)させるのですが、そのきっかけが何なのかは、未だ明らかになっていません。

MSの原因として考えられているもの