MSの現状 | 多発性硬化症(MS)とは

MS患者さんの数は?

世界では約250万人、日本では13,000人を超え、年々増加傾向にあります

多発性硬化症(MS)患者さんの数は、世界で約250万人といわれており、欧米で比較的多く、アジアやアフリカでは比較的少ない傾向がみられます。特に、緯度が高くなるにつれて多くなるといわれています。
日本では、約13,000人のMS患者さんが報告されており、年々増加傾向にあります。

どんな人がMSになりやすいの?

20~30歳代に多く、男性よりも女性に多い傾向にあります

MS患者さんは20~30歳代で発症する人が多く、また女性のほうが男性よりも約3倍も多いことがわかっています。

日本のMS患者さんの発症年齢(2004年)
日本のMS患者さんの男女比(2004年)

[吉良 潤一:日本医事新報 4301:53-59, 2006]

[Osoegawa M et al:Mult Scler 15(2):159-173, 2009]

MSはどのように経過していくの?

患者さんによって様々です。MSの症状の経過には、3つのタイプがあります

MSになった後、どのような経過をたどるかは人それぞれですが、タイプによって、
「再発寛解型」「二次進行型」「一次進行型」の3つに大きく分けられます。

MSの3つのタイプ[イメージ図]
「再発寛解型」症状が急に出たり(再発)、治まったり(寛解)を繰り返す 日本でも欧米でも「再発寛解型」が最も多いタイプです。 「二次進行型」はじめは再発と寛解を繰り返しているが、徐々に体の機能の障害が進行・悪化していく「一次進行型」はじめから、体の機能の障害が進行・悪化していく