ページ内を移動するためのショートカット

  1. HOME
  2. 多発性硬化症Q&A

多発性硬化症Q&A

多発性硬化症(MS)を発症して日々の生活を送られている中で、疑問に思っていること、診察室で主治医に相談しにくいこと、将来不安を感じていることなどはありませんか?

本コンテンツでは、MSの病気・症状、治療、日常生活などに関する疑問を、MSの専門医の先生方がわかりやすく解説してくださいます。

病気・症状のこと

病気・症状のこと

慶應義塾大学 中原 仁 先生からのメッセージ


多発性硬化症(MS)には現在のところ、病気を完全に治せる治療法はありません。そのため、MSの再発予防や進行抑制の治療で病状がコントロールできている患者さんであっても、「また再発するのではないか?」「自分の病気がいつか進行してしまうのではないか?」といった不安を抱いている方は多くおられるのではないかと思います。

わが国では、MS治療で使用できるお薬の選択肢が拡がりつつありますので、患者さんの症状や進行レベル、年齢や生活背景などに合わせたお薬の選択が期待できます。例えば、「進行」を疑う病状に気付いた時であっても、怖がらずためらわず、主治医の先生にご自身の病状をお伝えして、あなたに適した治療法を一緒に話し合ってみましょう。

慶應義塾大学 医学部 神経内科
教授 中原 仁

日常生活のこと

日常生活のこと

九州大学 磯部 紀子 先生からのメッセージ


多発性硬化症(MS)という難病であると診断された時は、少なからずショックを受けられたのではないでしょうか。私たちMS専門医は、病気の診断や治療だけでなく、患者さんが病気を受け入れ、病気とうまく付き合いながら自分らしい生活を送れるようサポートする役割も担っています。

症状が落ち着いたとしても、再発や進行、日常生活への不安は心のどこかにあるでしょうし、疲労や排尿障害、性機能障害など、相談しにくい症状などに困っている方もいらっしゃるかもしれません。そのような時は1人で抱え込まず、遠慮なく私たちMS専門医にご相談ください。

日々の生活の中で皆さんが感じていらっしゃることや将来の夢・目標を共有し、患者さんがやりたいことを実現できるよう、精一杯サポートしていきたいと考えています。一緒に歩んでいきましょう。

九州大学大学院 医学研究院
神経内科学 特任准教授 磯部 紀子