It looks like you are using an older version of Internet Explorer which is not supported. We advise that you update your browser to the latest version of Microsoft Edge, or consider using other browsers such as Chrome, Firefox or Safari.

MSは、医療費助成が受けられるの?

MSの治療にかかる医療費は、自己負担分の一部が公費で助成されます

一部のMS患者さん(下記「対象」参照)は、医療費助成制度や福祉サービスなどの公的サービスを利用することができます。
MSは、難病の中でも、厚生労働大臣が定める「指定難病」の1つに含まれるため、MSの治療にかかる医療費については、『難病の患者に対する医療等に関する法律』(難病法)に基づき、自己負担分の一部が公費で助成されます。

難病法で利用できる「指定難病」の医療費助成制度

  • 対象:下記のいずれかに該当する患者さん

    ①EDSS(総合障害度スケール):4.5以上
    ②視覚の重症度分類(網膜色素変性症の重症度分類):Ⅱ度、Ⅲ度、Ⅳ度
    ③月にかかった医療費の総額が33,330円を超える月が、年間3回以上

  • 申請窓口:お住まいの都道府県または指定都市の窓口

  • 必要な申請書類を窓口に提出し、認定されると、「医療受給者証」が交付される

  • 有効期間(1年間)があり、引き続き助成を受けるには更新手続きが必要

※申請手続きの方法や、受けられるサービスの詳細は、各申請窓口にお問い合わせください。

[2020年4月現在]
MSは、医療費助成が受けられるの?


 

【総監修】
医療法人セレス さっぽろ神経内科病院
院長 深澤 俊行 先生