It looks like you are using an older version of Internet Explorer which is not supported. We advise that you update your browser to the latest version of Microsoft Edge, or consider using other browsers such as Chrome, Firefox or Safari.

いつから治療を始めるのがいいの?

“早いうち”からMSの治療を始めることで、障害の進行を抑えることが期待できます

再発寛解型に対する治療は[イメージ図]

治療しないでいると 

治療しないでいると・・・​

治療を始めると

治療を始めると・・・​

早いうちから治療を始めると

早いうちから治療を始めると・・・​

多発性硬化症(MS)は多くの場合、「再発(症状が出る)」と「寛解(症状が治まる)」を繰り返します。そのため、MSを治療せずに放っておくと、体の機能の障害が徐々に進行・悪化してしまうことも少なくありません。
しかし、“早いうち”からMSの治療を始め、それを継続して行うことで、障害の進行を抑えることが期待できます。

再発寛解型から二次性進行型に移行した場合の治療は[イメージ図]

SPMSを治療しないでいると

SPMSを治療しないでいると・・・​

早いうちから治療を始めると

早いうちから治療を始めると・・・​

再発寛解型から、再発がなくても体の機能の障害が徐々に進行していく「二次性進行型」(SPMS)に移行したとしても、今度はSPMSに対する治療を早いうちから始め、それを続けることが重要です。

「再発寛解型」および「二次性進行型(SPMS)」については、こちらを参照
 

早いうちからMSの治療を始め、それを続けることで、多くの患者さんは障害の進行・悪化を抑えることが期待できます!


【総監修】
医療法人セレス さっぽろ神経内科病院
院長 深澤 俊行 先生

よくあるご質問【病気・症状、日常生活、治療】に専門医よりお答えします