It looks like you are using an older version of Internet Explorer which is not supported. We advise that you update your browser to the latest version of Microsoft Edge, or consider using other browsers such as Chrome, Firefox or Safari.

MS患者さんの数は?

世界では約230万人、日本では19,000人を超え、年々増加傾向にあります

多発性硬化症(MS)患者さんの数は、世界で約230万人といわれており、欧米で比較的多く、アジアやアフリカでは比較的少ない傾向がみられます。特に、緯度が高くなるにつれて多くなるといわれています。
日本では、約19,000人のMS患者さん(視神経脊髄炎を含む)が報告されており、年々増加傾向にあります。

※:難病情報センターホームページ(特定疾患医療受給者証の交付数):https://www.nanbyou.or.jp/entry/1356

どんな人がMSになりやすいの?

20~30歳代に多く、男性よりも女性に多い傾向にあります

MS患者さんは20~30歳代で発症する人が多く、また女性のほうが男性よりも約3倍も多いことがわかっています。

日本のMS患者さんの発症年齢(2004年)

日本のMS患者さんの発症年齢(2004年)
日本のMS患者さんの発症年齢(2004年)
[吉良 潤一:日本医事新報 4301:53-59, 2006]

日本のMS患者さんの男女比(2004年)

日本のMS患者さんの男女比(2004年)
日本のMS患者さんの男女比(2004年)
[Osoegawa M et al:Mult Scler 15(2):159-173, 2009]


【総監修】
医療法人セレス さっぽろ神経内科病院
院長 深澤 俊行 先生