ページ内を移動するためのショートカット

多発性硬化症(MS)とはMSの現状

MS患者さんの数は?

世界では約230万人、日本では19,000人を超え、 年々増加傾向にあります

多発性硬化症(MS)患者さんの数は、世界で約230万人といわれており、欧米で比較的多く、アジアやアフリカでは比較的少ない傾向がみられます。特に、緯度が高くなるにつれて多くなるといわれています。
日本では、約19,000人のMS患者さん(視神経脊髄炎を含む)が報告されており、年々増加傾向にあります。

難病情報センターホームページ(特定疾患医療受給者証の交付数):https://www.nanbyou.or.jp/entry/1356

どんな人がMSになりやすいの?

20~30歳代に多く、 男性よりも女性に多い傾向にあります

MS患者さんは20~30歳代で発症する人が多く、また女性のほうが男性よりも約3倍も多いことがわかっています。

日本のMS患者さんの発症年齢(2004年)

[吉良 潤一:日本医事新報 4301:53-59, 2006]

日本のMS患者さんの男女比(2004年)

[Osoegawa M et al:Mult Scler 15(2):159-173, 2009]