It looks like you are using an older version of Internet Explorer which is not supported. We advise that you update your browser to the latest version of Microsoft Edge, or consider using other browsers such as Chrome, Firefox or Safari.

MSを治療せずにいると、どうなるの?

体の機能の障害が徐々に進行してしまうことも少なくありません

多発性硬化症(MS)は多くの場合、「再発(症状が出る)」と「寛解(症状が治まる)」を繰り返しますが、症状が治まっている寛解期であっても、MSが治ったわけではなく、水面下ではミエリンが持続的に障害されているといわれています。そのため、MSを治療せずに放っておくと、体の機能の障害が徐々に進行してしまうことも少なくありません。

MSによる障害の進行[イメージ図]

MSによる障害の進行[イメージ図]​

MSを治療せずにいると、「脳」はどうなるの?

脳萎縮が起き、「認知機能障害」が現れることも少なくありません

MSを治療せずに放っておくと、脳の容積が減少(脳萎縮)し、脳萎縮の進行と ともに、認知機能障害(集中力・理解力・記憶量の低下など)が現れることも少 なくありません。

MSによる脳萎縮と認知機能障害[イメージ図]

MSによる脳萎縮と認知機能障害[イメージ図]
脳萎縮の進行とともに、認知機能障害が現れることが少なくありません。


【総監修】
医療法人セレス さっぽろ神経内科病院
院長 深澤 俊行 先生