ページ内を移動するためのショートカット

多発性硬化症(MS)とはMSの経過

MSはどんな経過をたどるの?

多くの場合、最初は再発と寛解を繰り返しますが、 次第に再発がない時にも、 体の機能の障害が徐々に進行していきます。

MSを発症した後、どのような経過をたどるかは人それぞれですが、多くの場合、症状が急に出たり(再発)、治まったり(寛解)を繰り返す「再発寛解型」(RRMS)の経過をたどります。
しかし、再発を繰り返していると、次第に再発がない時にも、体の機能の障害が徐々に進行していく「二次性進行型」(SPMS)の経過をたどるようになります。

MSの自然経過[イメージ図]
再発寛解型(RRMS) 二次性進行型(SPMS) [再発]⇔[寛解](新たな症状が出る、既存の症状が悪化する)「次第に、再発がない時にも、体の機能の障害が徐々に進行していく」
  • RRMS:再発寛解型多発性硬化症のこと
    Relapsing-Remitting(再発-寛解) Multiple(多発) Sclerosis(硬化)
  • SPMS:二次性進行型多発性硬化症のこと
    Secondary(二次性) Progressive(進行) Multiple(多発) Sclerosis(硬化)

[Giovannoni G et al:Mult Scler Relat Disord 9 Suppl 1:S5-S48. 2016より改変]

MSの3つのタイプ[イメージ図]
MSは大きく、患者さんの多くを占める「再発寛解型」と、わが国では5%程度1)しかいない「一次性進行型」に分けられます。特に「再発寛解型」は、時間の経過とともに、「二次性進行型」に移行する可能性があると考えられています。
再発寛解型(RRMS)再発・障害度イメージ
  • 症状が出る「再発」と症状が治まる「寛解」を繰り返す、MSの代表的なタイプ。
  • 80~90%の方1)は、再発寛解型から発症。
  • 再発は、MS発症後数年間は多くみられ、時間が経つにつれて減少すると考えられている1)
二次性進行型(SPMS)再発・障害度イメージ
  • 初めは再発と寛解を繰り返すが(再発寛解型)、次第に再発がない時にも、体の機能の障害が徐々に進行していく。
  • 再発寛解型のMS患者さんの約半数が、MS発症後15~20年で二次性進行型に移行するといわれている1)
  • 二次性進行型の発症平均年齢は38歳2)
一次性進行型(PPPMS)再発・障害度イメージ
  • MSを発症して初めのうちから、体の機能の障害が進行していく。再発は基本的にはみられない。
  • 一次性進行型でMSを発症するのは5%程度1)と、わが国では少ない。
  • 再発寛解型と比べて、男性の割合が高く、男女比はほぼ1:1であり、発症年齢も40歳と遅い1)
  • PPMS:一次性進行型多発性硬化症のこと
    Primary(一次性) Progressive(進行) Multiple(多発) Sclerosis(硬化)

1) 日本神経学会 監修 『多発性硬化症・視神経脊髄炎 診療ガイドライン2017』 医学書院 p116-117 2017年
2) Bsteh G et al:PLoS One 11(7):e0158978, 2016