It looks like you are using an older version of Internet Explorer which is not supported. We advise that you update your browser to the latest version of Microsoft Edge, or consider using other browsers such as Chrome, Firefox or Safari.

多発性硬化症(MS)では、多くの場合、再発と寛解を繰り返す「再発寛解型」の経過をたどりますが、次第に再発がない時にも、体の機能の障害が“変化”し、生活の負担度が増していくことも珍しくありません。

最近、あなたの症状に“変化”はみられませんか?
診察時に、症状の“変化”や治療に関する希望などを、医師に言い出しにくかったことはありませんか?

“変化”の有無や詳細を知ることは、今のあなたの状態を確認し、あなたに適した治療法を再検討する上で、大変参考になります。
 

症状に“変化”がみられ始めたら、
『症状変化確認リスト』などを使って、
早めに主治医に相談しましょう

こちらの『症状変化確認リスト』をダウンロードしてチェックしていただき、診察時にお役立てください。

 

25

 

記入が終わりましたら、結果を主治医にお見せください。

【症状変化確認リスト 監修】
福島県立医科大学 多発性硬化症治療学講座 教授/一般財団法人 脳神経疾患研究所 多発性硬化症・視神経脊髄炎センター センター長  藤原 一男 先生