It looks like you are using an older version of Internet Explorer which is not supported. We advise that you update your browser to the latest version of Microsoft Edge, or consider using other browsers such as Chrome, Firefox or Safari.


多発性硬化症(MS)は、まだ完全に治すことのできる治療法はありませんが、うまく付き合っていける病気でもあります。再発を防ぎながら、できるだけ普段に近い生活が送れるよう、「日常生活で注意すべきポイント」を覚えておくとよいでしょう。
 

日常生活で注意すべきポイント

適度な「運動」を継続しましょう!

適度な「運動」を継続しましょう!

  • 無理のない程度の運動は、体力や筋力の維持、気分転換などに有効です。
    (ストレッチ、ヨガ、ウオーキング、水泳など)

「感染症」を予防しましょう!

「感染症」を予防しましょう!

  • 日頃から、手洗い・うがいをきちんと行いましょう。

「体温の上昇」に気を付けましょう!

「体温の上昇」に気を付けましょう!

  • 高い水温での入浴・長湯、過度の日焼け、暖房の使用などによる「体温の上昇」に気を付けましょう。

「ウートフ徴候」が現れることがあります!

体温が上昇することで、一時的に症状が悪化したり、別の症状が出てきてしまうことを「ウートフ徴候」といいます。
 

「ストレス」や「過労」をできるだけ避けましょう!

「ストレス」や「過労」をできるだけ避けましょう!

  • 疲れたらできるだけ休養しましょう。

  • ストレスをためない工夫をしましょう。

  • 気持ちをリラックスさせましょう。

4つのポイントを守りながら、明るく前向きに日常生活を送りましょう!


【総監修】
医療法人セレス さっぽろ神経内科病院
院長 深澤 俊行 先生