It looks like you are using an older version of Internet Explorer which is not supported. We advise that you update your browser to the latest version of Microsoft Edge, or consider using other browsers such as Chrome, Firefox or Safari.

どんな治療が行われるの?

患者さんの状態に合わせて、主に以下の3つの治療が行われます。

1. MSの再発や進行を抑えるための治療

MSの症状が治まっている寛解期に行われる治療です。寛解期は、症状が治まっていても、水面下ではミエリンの障害は続いているため、治療せず放っておくと、体の機能の障害が徐々に進行してしまいます。このため、「再発や進行を抑えるための治療」が非常に重要です。

この治療には、飲み薬(カプセル、錠剤)注射剤点滴剤を使います。どちらの薬剤がいいかは、患者さんの状態によって異なりますから、投与回数や剤形も含め、主治医の先生と相談しながら決めるとよいでしょう。

どんな治療が行われるの?​

2. MSの症状を和らげるための治療

患者さんによっては、MSの症状が出ている再発期が終わって寛解期になっても、感覚の異常や痛み、脱力、うつなどの症状が、完全には治まらずに残ってしまう場合があります。このような症状を和らげるために、それぞれの症状に応じたお薬などを使います。

3. MSの症状が急に出ているときの治療

MSの症状が急に出ている再発期には、ミエリンで起こっている炎症をしずめ、症状を速やかに抑えることが大切です。
このため、ステロイド剤を点滴注射する「ステロイドパルス療法」が主に行われますが、それでも効果がみられない場合は、「血漿浄化療法」が行われることもあります。

 

 

【総監修】
医療法人セレス さっぽろ神経内科病院
院長 深澤 俊行 先生

よくあるご質問【病気・症状、日常生活、治療】に専門医よりお答えします